いおりブログ:7年間の元不登校

7年間不登校だった経験を活かした記事を書きます

不登校だった僕の過ごし方「小学生時代」

今回の記事は不登校だった僕の実際になってた日々を使って

 

改善するポイントと方法、その理由を書いていこうと思います

 

僕の一日は下記のツイートに書いてます

 

ブログの信頼性

僕は小学7年間不登校でした

特別支援学級に行って不登校になりがちな子と喋ったり、精神病院に通っていたりしたので不登校の子どもがどう思っているかが肌感覚でわかります。

自分で考えた方法や、病院の先生に教えてもらった方法により

今では登校できています。

 

 

 

 

 もくじ

 

 

不登校「小学生」時代

■8:00起床〜

部屋に置いてあるコーンフレークを食べながらPCでゲーム開始

■19:00くらい

リビングで夕食、居心地が悪くて20分もしないで食べ終わる

■19:20〜

ゲーム再開 夏は週1冬は月2回風呂に入る

■0:30

寝る 

 

この一日を見てわかるのが

 

・家族との仲が悪い

・ゲームの時間が長い

・風呂に入れないくらい精神状態が悪化している

・生活リズムは崩れていない

 

僕が改善していくとしたら


f:id:miyakeiori:20200423095020j:image

・ゲームの時間を子供も減らしたいと思っていたら減らす

・家族との仲を良くする

・登校以外の目標を作る

 

まず家族の仲を良くして自分の部屋以外の居心地を良くして家族とコミュニケーションをとれる状態にします。

 

次に、ゲームをしたくてやっているなら継続、たいしてやりたくなくても暇だからやっている場合はゲームの時間を減らそうと考えるのではなく、ゲーム以外の楽しいことや興味があることを始めてみる。

 

それで元気を回復していきます、元気が回復したら登校を目標の1つにしつつ、学校とは関係ない目標を作って同時に進みます。

 

これを読んで、ゲームの時間を減らさないの?学校以外の目標なんて作って意味があるの?学校が辛い場所だったら登校を目標にしなきゃいけないの?

 

など、気になると思うのでそこも説明していきます。

 

ゲームの時間を減らさないの?

f:id:miyakeiori:20200423095646j:image

 

ゲームを子供自身が減らしたい場合は減らした方がいいし、親が減らそうとしている場合は減らさない方がいいです。

 

親がゲームの時間を減らそうとしている場合は

 

減らさない方がいい理由を簡単にまとめると

 

・親VS子供の対立関係になり、家族の仲が悪化する

・好きな物を取り上げても学校に行ける理由にはならない

・家族の仲が悪化すると学校に行けないから行かないに変わってしまう

 

減らさない方がいい理由を詳しく知りたい方は記事に書いているのでそちらを読んでみてください。

miyakeiori.hatenablog.com

 

子供自身がゲームを減らしたいと思っている場合は

 

ゲームをする時間を減らそうとしても、時間が空いて暇な時間になるだけなので

 

ゲームを減らそうとするんじゃなくてゲーム以外のことに時間を使うようにすればいんです。

 

例えばゲームのことをブログで書いてみたり、Youtubeで初心者講座みたいなものをやってみたり、Twitterに攻略情報を載せたりしてみたり。

 

miyakeiori.hatenablog.com

 

miyakeiori.hatenablog.com

 

あとは自分が興味があることを片っ端からやってみるのがいいと思いますよ、もちろんお金のこともあるのですぐにはできないかもしれませんけど

 

興味があることをやるという目標ができるので、それのために時間を使えるようになったりします。

 

僕は興味があることがあったら、とりあえずネットサーフィンで情報を集めてからそのことについて詳しく書いてある本を調べて、その本の要約をしているYoutubeの動画を見たりします。

 

それでも飽きなかったら本を買ってみたり、何か物を買ってみたりします。

 

こういう新しいことをする時に、三日坊主になるのが怖くて行動できなかったりするかもしれませんが、全く気にする必要はないです。

 

どうせ上手くいかない...と思うかもしれないですけど、上手くいかなくても失うものなんてほとんど無いですし

 

続かないと思ってもどうせ暇なんだから三日坊主になってもいいやっていう気軽な気持ちで始めてみればいいんです。

 

 

家族の仲を良くする方法は?

f:id:miyakeiori:20200423095220j:image

 

正直、家族の仲を良くする方法は謝って時間が解決するまで待つしかないと思います。

 

実際僕は父親がかなり嫌いでしたが、謝られたし時間も経ってきて、ちょっと嫌いくらいには良くなってます。

 

大事なのは、良くする方法よりも悪くしない方法です。

 

いくら良くする方法を考えても悪化していたら良くするどころじゃなくなってしまうので、まずは悪くしない方法を考える方が得ですね。

 

[注意]

下の記事はあえてちょっと強めに書いています。

なので今辛かったら開かないでください。

親が辛いと結局子供も辛くなるので、めちゃくちゃ苦しかったら親も休むことを考えた方がいいです。

もし、今ならちょっと強めに書かれた文章も読めそう・・・だと思ったら開いてください。

不登校対応の教科書みたいなものを作ろうとして書いたので役に立つと思います。

 

miyakeiori.hatenablog.com

 

 

 

風呂に入れないくらい精神状態が悪化している

f:id:miyakeiori:20200423095850j:image

 

精神状態が悪化すると、お風呂に入れなくなります。

 

お風呂に入るのってパワーが必要なんですよね、なのでそのパワーがないとお風呂にすら入れません。

 

お風呂に入れない理由が元気、パワー不足なのでお風呂に入る方法を探しても意味が無いです。

 

元気は勝手に貯まっていくので、減らないようにすることが大切です

 

減らないようにする方法は上に書いた不登校を悪化させる親の対応を読んでみてください。

 

風呂に入れないくらい精神状態が悪化している場合は、とにかく休ませること。

 

回復以外の目標は一旦忘れるくらいの方がいいです、どうせお風呂に入れないくらい元気がなかったら目標を作っても進めないので。

 

お風呂に入れなくても大丈夫な理由を下の記事に書いてます。

 

miyakeiori.hatenablog.com

 

 

ちなみに僕は今でも風呂に入れない日があります。

でも二日くらい風呂に入らないでも死なないので特に気にする必要はないですね。

 

 

登校以外の目標を作る意味は?


f:id:miyakeiori:20200423095408j:image

 

登校再開だけを目標にすると、登校できなかった日のメンタルが安定しないからです。

 

今日は行くのかな?休むのかな?を気にしすぎてしまっている場合は、登校以外の目標を作った方がいいです。

 

登校できなかった日はこの目標を進める。と決めておけば学校を休むハードルが下がるので、無駄に悩んだりして辛くならなくなります。

 

登校だけを目標にすると、登校できなかった日は何も進んだ気がしなくて逆に休まらないので、少しの元気で進めるくらいの小さな目標を作るのがメンタルを安定させるコツです。

 

例えば、Youtubeで本の要約をしている動画を一本見るとか、この目標は子ども自身が作った方がいいですね。

 

目標を決めるときに、凄い簡単な目標でいいことをしっかり伝えないと、簡単すぎると親が怒るかも・・・と思って簡単な目標じゃなくなってしまうことがあるので。

 

例えば勉強するとか、めちゃくちゃ大変な目標を作っていたら継続できないので、本当に簡単な目標でいいことをしっかり伝えましょう。

 

もし、登校以外の目標を作っても全部進められそうになかったら休みましょう。

 

無理に目標にこだわって元気が無くなっていったら本末転倒、どの目標も進められそうになかったら休むこと

 

ゲームでも音楽聴くでもボーっとするでもなんでもいいので好きなことができる状態だったらそれをして休む!

 

このことも、記事に詳しく書いています。

miyakeiori.hatenablog.com 

 

 

 

まとめ

・子供がゲームの時間を減らしたがっていたら減らす

・親がゲームの時間を減らしたいだけの場合は取り上げない

・家族の仲をよくしてコミュニケーションを取れるようにする

・元気を失わないように不登校を悪化させる親の対応をしないようにする

・お風呂に入る方法を探すのではなく、精神状態を悪化させないようにする

・お風呂に入れないくらいたいした問題じゃない

・登校以外の簡単な目標を子供が自分で決める

・できなかったらとにかく休む!

 

 

学校に行く以前に、家族の仲がいい状態にして家を休める場所にすること、それから元気が貯まったら登校以外の簡単な目標を子供が自分で決めること。

 

それらをやってからじゃないと学校に行く方法を探しても意味がないです、必要なことを飛ばしても解決しないで、余計に時間が必要な状態まで元気が減るだけなので。

 

ゆっくり親も一緒に休むくらいの気持ちで改善していった方がいいですね、親が焦って早くしなくちゃと思うとそれが子供に伝わって元気が貯まっていかないので。

 

信じて待つが一番難しいですけど、一番効果がありますよ。

 

あともし、生活リズムが崩れていて昼夜逆転などをしている場合はこの記事を読んでみてください。

 

miyakeiori.hatenablog.com

 

 

僕のTwitterアカウントでは不登校関係や生きやすくなる考え方を中心にツイートしています!

 

Twitterで反応のよかったツイートやDM、コメントなどでこんなことが知りたい!という疑問を元にブログを書いているので、知りたいことがあったらTwitterで教えてくれるとありがたいです。

 

twitter.com